風化貝カルシウム CPL 乳酸菌生産物質などの栄養補助食品、家庭用治療器の健康ショップです!
健康増進にお勧めの栄養補助食品・健康用品をお届けします
ホーム乳酸菌の生菌と死菌
●乳酸菌の菌体について

生菌体と死菌体の量

乳酸菌の生菌はビフィブス菌入りヨーグルトなどに含まれていますが、その量は多くても100ml当たりで100億個程度です。
腸内細菌の世界的な学者である光岡知足氏によると、効果的な乳酸菌の生菌量は1日に1兆個と明らかにされています。
1日に1兆個摂るには、1日に10
リットル飲む必要がありますが、せいぜい頑張って500ml飲める程度だと思います。その場合は、500億個では必要な量の5%にすぎません。
これに対して、死菌体の場合では乳酸菌を熱処理して水分を除いて乾燥させるため、わずか数グラム程度でも、数兆個の乳酸菌を摂ることができます。

乳酸菌死菌体の最大の効果

乳酸菌死菌体を腸内の善玉菌に与えることで、その数を飛躍的に増加させることができるようです。
実際の人体内ではない培地で与えた場合の実験結果ですが、100倍~10万倍にも増加するようです。

増加した場合の効果は腸内環境の改善、健康食品の有効成分の分解・消化・吸収力が高まること。
悪玉菌の増加による腐敗物質・発ガン物質の発生を抑制することも大きな効果です。

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス