風化貝カルシウム CPL 乳酸菌生産物質などの栄養補助食品、家庭用治療器の健康ショップです!
健康増進にお勧めの栄養補助食品・健康用品をお届けします
ホーム予防接種無用の冷えとり

おたふくかぜ、麻疹、風疹、水疱瘡、インフルエンザなどの「予防接種」は本当は必要でしょう?

予防接種をすると「不完全な免疫」が出来てしまうそうです。

 「不完全な免疫」で大人になってから感染してしまうよりも、 子供の時にかかるならかからせて、

自然に治癒させるのが 自然 のようです。

 「予防接種」は栄養不足の時代に、医学者などによって近代に考え出されたものであり、

古来そのようなものがなくても身体に良いものを食べている子供は健康であったはずです。

近年の食べ物の汚染より子供を護り、自然治癒力の発現を妨げないことこそ大切なことではないでしょうか。

家の中でも絹などで・厚くてゆったりした靴下を履くこと、半身浴、腹七分目などにより、冷えをとることで、

必要な血流が維持・改善され、病気が治り、健康を回復するそうです。

たしかに、厚めの靴下を履くと下から身体全体が温まるようです。

それは丁度、鍋で下から湯を沸かすように、血液が
身体中によく循環するようです。

                              (参考)万病を治す「冷えとり」生活療法 進藤義晴著
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス